CSR:環境保護活動



  私たちの環境保護活動
リトルムーンは、政府の地球温暖化防止のためのCO2削減運動をはじめ、お客様への簡易包装やスタッフの日常の心がけなど、環境保護活動を行っています。
チャレンジ25キャンペーンに、以下の二つで参加・登録しています。
 (1)企業チャレンジャーとして
 (2)個人チャレンジャーさん応援団として

●リトルムーンは、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため 「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。

「チャレンジ25キャンペーン」は、 これまでの地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」から、よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わり展開されているものです。私たちはチーム・マイナス6%に続き、参加しています。

<チャレンジ25とは

地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。私たち人間の活動の結果、大気中の二酸化炭素の量が増えすぎてバランスを狂わせてしまったのが、地球温暖化の原因です。
地球の温度は年々上昇しており、この解決のために世界が協力して作った京都議定書が2005年2月16日に発効されました。
日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策を進めてきました。
このような中、2009年9月、当時の鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明、政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25」と名付ました。



(1)「企業チャレンジャー」として参加

私たちの、
製品開発 での取り組み項目

私たちは、ヘアアレンジに使う整髪料を減らせるほどホールド力が高く、耐久性に富むオリジナルのエコ・ヘアアクセサリーの開発・製造に力を入れています。
また、CO2の発生が最も少ないと言われるEコマース事業では、簡易包装に取り組んでいます。
これらの企業活動を通じて、私たちは地球温暖化防止に努めること宣言します。


私たちの、
オフィス での取り組み項目

・照明の高効率化
・空調の高効率化:房を強くかけず室温を一定に。
 窓を開けたり、服装で調節したりしています。
 女性が多い職場なので、室温には割と敏感なほうです。
・事務用機器の高効率化(エネルギー効率の高いコピー機・PCなどの導入)
・省エネ性能の高い家電の導入
・エコカーの活用
・社員教育
・エコ通勤の推奨
・照明のこまめな消灯、間引き点灯の心がけ
・PC、コピー機などのスイッチOFF運動、
 シュレッダーの使用頻度を少なく、書類がある程度まとまってから。
・クールビズ・ウォームビズの実施
・節水の心がけ
・ペーパーレス等ゴミ削減の心がけ:会社では再生紙を使用。
 使用済み用紙は、裏面をコピー用に再利用。
 スタッフのメモ用紙にも裏面を使用し紙のムダをなくします。
・エコキャップ回収:オフィスで出るペットボトルのフタは、集めてエコキャップ回収へ。
 回収キャップはリサイクル業者に売却され、
 その資金で世界の子供たちにワクチンが届けられています。

リトルムーンEコマース事業部では、簡易包装を行っています。
私たちは、インターネット通販の梱包におけるエコ活動を推進しています。 環境保全の一環として、簡易包装とさせて頂いております。 「商品お届け時のワクワク感をなくす事無く、過剰な梱包は 避ける。」 努力をし、お客様にもご協力をお願いしております。 ※上記写真はイメージです。商品の大きさ等により包装が変わることがあります。
 
スタッフエコ宣言「THINK GLOBALLY, ACT LOCALLY」

リトルムーンスタッフも、エコスタイルを自然体で生活に取り入れています。
シンプルで実用的な、肩肘張らずに出来ることから始めています。

小さなことだけど、地球にやさしく。それが、リトルムーンスタップのマインドです。


<その他>
ランチタイムのお弁当を繰り返し使える保冷バッグに入れることで、袋の使い捨てをやめてみる。手作りのお弁当なら、ゴミも出ないし節約にもなってHappy。

飲み物を持ち歩く時は、1度使ったペットボトルを再利用して容器の使い捨てをやめてみる。 ペットボトルが汚れた時は、卵の殻と少量のお水を入れて振ると元のキレイな状態に戻ってくれるから便利。密かに二の腕のダイエットにもなるかも!?普通に捨ててしまう卵の殻まで再利用できちゃう!

お買い物をする時は、小さくコンパクトに折りたためる袋を持ち歩いて、お店で貰う袋は断ってみる。 肩から掛けれるタイプのエコバッグだと、重い荷物もラクラク持ち歩けちゃう。エコバッグを持参するとエコポイントをくれるお店もあるから、いつものお買い物もちょっぴりお得に♪

自転車で通勤してみる。または、一駅歩いてみる。いつも電車やクルマで通過していた風景が、異なってみえてきます。季節の移り変わりを新鮮に感じられます。健康にもいいし、一石二鳥。

 
植林活動などにも、リトルムーンスタッフが参加
2001年5月:
飛騨・清見村にて
リスさんの食料である森のどんぐりが減っているとして、ミズナラの木を植樹。 青空の下で頂くおにぎりって、美味しい!「リスさんのどんぐり、増えたらいいな」

2005年8月ほか数回:
トヨタ白川郷自然學校にて
ネイチャーガイドさんとともに、森の成り立ちを学習。行く度に森の表情が違います。春には山菜を摘み、みんなで天ぷらを頂きました。「動物が食べる分を残し、来年また育つように残して、恵を頂く。」人間は森や動物と共生しているのですね。

2009年6月:
北海道弟子屈町、アカエゾマツの森にて。この苗が一本の木として立派に育つのになんと30年ほどかかるそう。次世代の子供達に引き継ぐのは、今の大人の責任。

2010年4月:
大阪・枚岡。ゴミが落ちていれば、拾いながら山を歩きます。地元大阪を美しく。